手術をすると見た目は変わるの?

包茎手術を検討している人が関心を持っている最大のものの一つが、「手術した跡が目立たないか」でしょう。

 

男性としてのコンプレックスを解消するために、思い切って手術を受けるのでしょう。なのに、はっきりとわかる傷が残ったり、ペニスが変形してしまったのでは、新しく別のコンプレックスを抱え込むことになってしまいます。

 

これに関しては、「ほぼ大丈夫。が、要注意」といったところでしょう。

 

かつては、見てすぐにわかるようなことも多かったようです。

 

が、最近は手術方法も進化してきています。

 

包茎手術では、ペニス上の皮の一部をリング状に切り取って、残した部分をつなぎ合わせます。これにより、皮を短くして、亀頭が出るようにします。

 

このつなぎ目を亀頭のすぐ下にしたり、ペニスの付け根にして、分かりにくくしています。

 

が、執刀医が必ずしも、まともな技術を持っているとは限りません。傷跡が目立ってしまうかどうかは、個人の技量が大きく左右するのです。

 

全体的な傾向でいうと、泌尿器科よりも専門クリニックの方が仕上がりはきれいになることが多いようです。

 

というのは、泌尿器科がやっているのは治療です。「包茎」という症状を解消するのが目的です。

 

一方の専門クリニックは、美容が目的です。きれいに仕上げることに重点を置いています。

 

また、泌尿器科では、疾病がたくさんあります。なかなか包茎だけをやっているわけにはいきません。

 

専門クリニックでは、もっぱら包茎が守備範囲という医師がいます。

 

執刀数の違いが出るのは当然のことでしょう。