包茎手術は、いくつもの種類が開発されています。それぞれに一長一短があります。もっとも一般的なのは、「環状切除術」です。まずは、これを理解しておいて、ほかの方法との比較をすれば、それぞれのメリット・デメリットも分かりやすいでしょう。まず、ペニスが最大限に勃起(ぼっき)した時を考えます。この場合で、余って亀頭を覆ってしまっている分の長さを切り取るわけです。最大限に勃起した時を考えるのは、このときでも皮...

もっとも普及している手術方法なだけに、環状切除術にはたくさんのメリットがあります。まず、失敗が少ないこと。これは手術方法の単純さからきています。ペニスが勃起(ぼっき)した状態で、亀頭にかかってくる分の長さの皮を、ペニスの途中で切り取ります。この切り取り方が、ぐるりと輪になったように抜き取りますので、「環状」の名前がついています。あとは残った部分の皮を糸で縫って、つなぎ合わせるだけです。従来型の糸で...

手術方法が単純で、安全性も高いことから、よく普及しているのが環状切除術です。が、デメリットもあります。手術した後が比較的はっきりとわかってしまうのです。環状切除術では、ペニスの上の皮をリング状に切り取って、残った部分を縫い合わせます。ペニスは一般的に先端に近いほど色が浅く、付け根の方が色が濃くなっています。その途中を抜くわけですから、違う色の部分をつなぎ合わせることになってしまいます。下手をすると...

かつて主流だった包茎手術に「クランプ法」というのがあります。「クランプ(clamp)」とは「締め付け金具」のことをいいます。包茎手術の場合は、ペニスの上にかぶせるカップ状のものをいいます。ペニスの大きさに合わせた金属カップを先端からかぶせます。そして、そのカップの縁にペニスの皮を載せます。さらにその上からリングをはめて、皮を固定します。メスやレーザーメスで切断します。ちょうどカッブの縁が切断すると...

「亀頭直下縫合手術」とちょうど反対のことをやるのが、「陰茎根部縫合手術」です。「バックカット手術」との別名もあります。亀頭直下縫合手術が、ペニスの皮のうち、先端部分で切り取って長さ調整するのに対し、陰茎根部縫合手術ではペニスの根元に近い部分の皮を切り取ります。そして残った皮を根元の方に引き寄せて、そこで縫合します。こうすることのメリットは、ひとつは亀頭直下縫合手術と同じです。ペニスの途中でつなぐわ...