環状切除術のリスク

手術方法が単純で、安全性も高いことから、よく普及しているのが環状切除術です。

 

が、デメリットもあります。手術した後が比較的はっきりとわかってしまうのです。

 

環状切除術では、ペニスの上の皮をリング状に切り取って、残った部分を縫い合わせます。

 

ペニスは一般的に先端に近いほど色が浅く、付け根の方が色が濃くなっています。

 

その途中を抜くわけですから、違う色の部分をつなぎ合わせることになってしまいます。下手をすると、先端側と根元側で、ツートンカラーのように見えてしまう可能性もあります。

 

しかも、縫い目は亀頭の下あたりに来ます。色が違うのも、傷跡があるのも隠せない場所なのです。

 

このように、ペニスの機能の面では、問題のない環状切除術も、見栄えの点では問題ありです。

 

とくに、泌尿器科で手術をすると、この傾向が顕著です。というのは、泌尿器科は本来、治療を目的に手術をします。見栄えよりも、安全性・機能性重視なのです。

 

この面では、専門クリニックの方が、上手に仕上げてくれる執刀医にあたる可能性が高いです。

 

というのは、専門クリニックは治療よりも美容面に重点を置いているからです。

 

また、手術の熟練度ということでも、専門クリニックの方が期待できるようです。

 

というのは、泌尿器科では、膀胱、前立腺、睾丸、尿道まで診ます。包茎はそのうちの一部です。手術も機会も多くありません。

 

包茎の執刀数に関しては、専門クリニックの方が圧倒的なのです。