陰茎根部縫合手術とは

「亀頭直下縫合手術」とちょうど反対のことをやるのが、「陰茎根部縫合手術」です。「バックカット手術」との別名もあります。

 

亀頭直下縫合手術が、ペニスの皮のうち、先端部分で切り取って長さ調整するのに対し、陰茎根部縫合手術ではペニスの根元に近い部分の皮を切り取ります。

 

そして残った皮を根元の方に引き寄せて、そこで縫合します。

 

こうすることのメリットは、ひとつは亀頭直下縫合手術と同じです。ペニスの途中でつなぐわけではないので、色が急激に変化する部分がペニスの目立つ部分には来ません。

 

また、亀頭直下縫合手術の場合は、亀頭の傘の部分に縫合跡を隠すのに対し、こちらでは陰毛で隠すことになります。

 

この方法が適しているのは仮性包茎の場合です。真性包茎の場合、包皮の先端の開きが狭いのならば、やめた方がいいでしょう。

 

カントン包茎の場合は無理です。包皮と根元の方に引っ張ると、口の狭い包皮がペニスを締め付けることになってしまいます。

 

亀頭直下縫合手術にくらべ、難度が高いようです。いっそう執刀医の腕が問われる手術です。

 

下手な執刀医に当たると、縫合跡を陰毛で隠すつもりが、外に出てしまい、よけいに目立つようなこともあります。

 

また、ペニスの血管や神経は先端よりも根元側の方が太く、重要度も高いです。これらを傷つけてしまう可能性があります。

 

これを反映して、手術の負担も大きいようです。ペニスにむくみが出ることが多いようです。